Q&A

・・・講座・施術についてQ&A・・・


Q1 通信教育でも開業できるまでの知識と技術が得られるのですか


A1 

通信教育でも実際の受講と同様に学ぶことができます。

学習ごとに「問題」と「添削問題」が付きますので、自分の理解度を確認してください。


技術については、自分の手で感覚をつかまないと正確な技術にはなりません。技術は直接指導になります。従って実技講座までに基本の学習をよく理解してください。(実技指導については「通信教育コース」を参照してください)





Q2 通学コースと通信教育コースでは、学習内容が違うのですか


A2 

通信教育コース・通学コース・宿泊コースの学習内容は全く同じです。

ただし通信教育コースは学習しやすいように基礎コース・中医学コースの内容がさらに各項目別に分けて学習します。




Q3 資格を取るための学習内容は事前にわかりますか


A3

学習内容は無料資料を請求してください。

実際に学習するテキストの一部をお送りします。

かなり専門的に深く掘り下げて学習します。広範囲にわたり暗記なども必要になってきますが基礎をしっかり学ぶことによって実際の施術に活用できます。




Q4 学習はどのように行われるのですか


A4 

・ 通信コースは受講者のご都合に合わせて学習できます。添削問題提出後に次の学習に進ませていただきます。

通信コースの実技指導は全国最寄りの当研究会認定講師を紹介させていただきます。また本部にて年中無休で指導いたしますので、休日や連休を利用して技術指導を受けることができます。

通信コースでの技術指導は『基礎』を終了後から他の学習と併用できますので、ご都合のよい時間をご予約ください。


・ 通学コース・宿泊コースの学習は基本的にマンツーマンで行います。講師は会長・本部講師・地方認定講師などが指導いたします。

実技指導は当会の直営サロン内にて実際にお客様の施術を観察しながら学習していきます。




Q5 学習終了後に資格は取れるのですか


A5 現在日本では、公的資格の「針・灸・マッサージ」以外は民間資格となっております。

足操術もカイロ、整体においてもすべて民間資格です。日本足操術研究会では足操術師として当会規定の知識、技術において一定の基準を満たした受講生に当会の認定証を発行しております。




Q6 足もみ療法に、なぜ解剖学・中医学を多く学ぶのですか


A6 

足裏には体の臓器臓腑と関連するエリアがあり、その場所を刺激することで、いま表れている症状を部分的に診るのではなく、「なぜそのような症状が現れるのか」身体全体を見なければなりません。この全体を見るのに中医学が必要になってきます。

またそれらを知るために体の臓器臓腑の構造、機能も知っておかなければなりません。


例えば耳鳴りがするお客様が来られたケースでは、通常反射区療法は耳と腎臓を揉むことですが実際にはどのような音がするのか、また日中と夜間とではどちらが強いのか耳鳴りに伴って現れる症状はあるのか、これらのように反射区療法によって効果を出すためには、かなりの知識を積まなければなりません。

これらの基礎学習をしっかりすることが成功へと導くのです。




Q7 資格を取ればいつ開業できますか


A7

開業は一定の学習と技術を習得し、資格取得後にはいつでも可能です。

ただし「開業はいつできるか」ではなく、あなたの知識と技術がお客様の症状に対応できるか、のほうが問題になります。


資格取得までの期間、当講座の学習をしっかりして、さらに学習の応用をしていただければ大丈夫です。

あとはあなたの決意と情熱にかかっています。





Q8 開業した場合、そのあとの収入に不安があるのですが


A8

毎月給料がでるサラリーマンと違って、自分が稼ぎ出さなければなりません。

収入が現在より増えるか減るかすべて自分の責任での運営となってきます。常に向上心を持って学習し、努力・工夫を惜しまなければ成功します。


さらに大切なことは、人が好きで、健康というものに関心と情熱がない人は向かないと思います。「どうしたら元気にさせてあげれるか」「どのようなアドバイスをしてあげれるか」などの要因が加わってきます。つまりあなたの人間性も大切になってきます。


温泉ホテルや健康ランドなどで働く場合はその施設がお客様を集めてくれますが独立開業にはまさにあなたの人柄とたゆまぬ努力が決め手になります。

実際に私どもの卒業生にもそこそこに活躍している人もいれば、勤めていた時の数倍の収入を得ている人もいます。そういう方はお客様の質問に対してほとんど対応しています。


当講座も「添削問題」や「問題集」などに実際の症状に対する反射区療法や問診の方法なども取り入れて、開業するに相応する知識・技術を指導させていただきます。





Q9 受講期間中に都合で長期間やすみむような場合はどうなるのでしょうか


A9

受講期間は入学の時点で計画を立てていただきますが、都合で長期間休むような場合には休学扱いとなります。もちろん受講資格はそのまま存在しますのでご安心ください。

ただし連絡のないまま一年を経過しますと退学扱いとさせていただきます。





Q10 全く未経験者でも覚えられますか


Q10 

反射区は人体を投影したものといわれ、足裏に人体の臓器・臓腑・器官を収めた図になりますので誰にでもわかります。もみ方には方向とか指の腹や関節などで刺激します。これらを順序よく学べば誰にでもできます。

講義は反射区の位置から丁寧に指導します。




Q11 女性、年配者でもあまり力がなくても大丈夫でしょうか


A11 

技術の核心をつかめば男性・女性・年配者も関係ありません。

力を必要とする反射区は按摩棒(揉み棒)を使用します。

また、按摩棒を使用してもお客様に違和感を感じさせず、毎日たくさんの人を施術している女性会員もいます。

力に自信のない方は工夫して既製の按摩棒を、自分で使いやすいように手を加えて作り直しています。

実技指導の時に様々な按摩棒を使用して自分に合ったものを使用するのも良いかと思います。


Q12 反射区の位置はどのスクールでも同じでしょうか


A12 

どのスクールも若干の違いがありますが、反射区はほぼ同じです。

当研究会の反射区は台湾「中華足部反射区健康法協会」最高顧問の若石健康法創始者である、呉若石先生(神父)の指導を基本にしたものです。

わずか26cmくらいの足裏のエリアにある反射区の位置は、臓器の下垂や骨格の変形によって若干違ってきますが、反射区の位置は主に点でなく面で刺激するため、ほぼ同じと考えてよいでしょう。


大事なことは、お客様の症状に対してどの反射区を刺激するかです。最も効果的な反射区を判断する技術を身につけてください。

その知識や技術が身に付けば自然とお客様にアドバイスができるようになります。




Q13 通信教育や通学コースでも実技20時間ほどで身につくのですか


A13 

技術はほぼ20時間くらいで覚えられます。ただし通信教育ではビデオや図解などでは、足底の感触をつかむことができませんので、必ず実技は直接指導になります。詳しくは通信教育コースを参照してください。


実際に20時間くらいの実技指導では十分ではないかもしれませんが、反射区の位置、刺激の位置、刺激の強弱、揉み棒の使用方法などは十分理解していただけます。


問題はこれらの実技の指導に知識が伴ってくるかが課題になります。知識が十分であれば、症状によってはどの反射区を中心に刺激してさらに関連する反射区をどのように刺激するか、また食・運動などのアドバイスなどができるようになります。もちろん知識が十分であれば適格な問診のもとに反射区の効果的な刺激ができます。


知識が伴えば十分な説得力が身に付きます。さらに技術が一定の基本ができていれば、あとは沢山の人の足を揉むことで十分に技術は身についていきます。

つまり私どもの足操術は知識と技術と説得する話術が最も大切になってきます。説得する話術は知識がもとになります。





Q14 足操術によりお客様に対して怪我や事故は起きませんか


A14

全くありません。直営サロンにおいては30年以上営業しておりますが一度もありません。他の卒業生の中にもまだ一度も連絡を受けていません。カイロや整体と違って骨格を調整するという実技ではないので心配はありません。





Q15 足裏反射区療法で本当に病気が改善されるのですか


A15 

よく訊かれます。「本当に良くなるのですか」「この病気治るの」私どもは医療の範囲外ですからよくなる、治る、病名を判断する、指導するということはまったくできません。でも私どものサロンが30年以上もお客様に支持されて、今なお沢山のお客様が毎日来店していただいていることが何よりの回答だと思います。


「眠れるようになった」「汗が止まりました」「下痢が止まりました」「腰の痛みが楽になりました」「生理がきました」これらのすべては、お客様が身体で感じた症状を私どもに毎日のように話してくれています。

足操術は基本に従って忠実に行えば必ず結果を出してくっれる施術です。





Q16 経筋療法は誰にでもできるようになりますか


A16 

誰にでも簡単にできます。

経筋療法とは足から走行する陰陽六経絡、脾・肝・腎・胃・胆・膀胱の経絡の位置を走行する筋肉を刺激することです。

この経絡は鍼灸の先生方が利用するツボ〈経絡〉の筋肉部位を利用した刺激法です。反射区のみではなく幅広く学びます。




Q17 卒業後の実技の指導や学習の指導はあるのですか


A17

資格を取得された方には、卒業後に任意で私どもの会員になっていただくと、年間12,000円(2回分割可)の会費で無料の講習会や年に数回の会報などによって学習や実技の指導が受けられます。

さらにFAXなどによる指導も可能になります。

また年に1回の総会に参加していただき宿泊学習や会員同士の技術交流も行っております。